バツイチ 再婚

バツイチ再婚のベストタイミングは?

 

 

「今度こそ再婚を考えたい気持ちはあるけれど、

 

いいタイミングはいつ?」

 

そういう疑問を、

 

交際するお相手がいる人は当然、またはそうでない人からも

 

聞かれる事があります。

 

ケースバイケースといってしまえば、それまでですが、

 

女性であれば時に、考えなくてはならない問題があります。

 

そう、それが「出産のリミット」です。

 

標準的に、出産をしているなら早ければ早いほうがいい、といわれています。

 

出産時の負担のみではなく、その後の子育てにも体力がないと

 

自分自分がつらくなる可能性もあるからです。

 

また、夫となる男の人の年令も関わってきます。たとえば、50歳で再婚すれば、

 

子供が成人を迎えるときは70歳。

 

だとしたら、定年退職後も学生を養っていく為の用意が必要になりますよね。

 

リンク:好きな女性にとる態度


 

再婚の年令はどう?

 

ところで、世の中一般の再婚の年令は

 

どうなっているのでしょうか?

 

 

夫婦ともに再婚であれば、おのおのの平均年令は、

 

夫が44.3歳、妻が41.1歳、というのが厚生労働省の

 

最新データです。

 

繰り返しになりますが、

 

女性であればはやはり、出産が可能ギリギリの年令というのが

 

ひとつのポイントになっているような気がしますね。

 

 

けれど、必ずしも、出産にだけ、執着しないでくださいね。

 

大切なのは、もう、ぶれない心です。もう、些細なことや、独りよがりはやめましょう。

 

基本、夫婦としての幸福を構築してくださいね。

 

この先、何があっても、連れ添う約束を交わしたのですからー。

 

 

離婚適齢期

 

ある離婚のカウンセリングさんは

 

「出産のリミットや出産希望年令から、逆算して離婚しなさい」と言う事もあります。

 

 

具体的には、「出産希望年令−4年」が、離婚適齢期だと提案しています。

 

 

 

マイナス4年をすすめる所以には、こんな事があげられます。

 

 

・離婚から新たな出会いまで1年

 

・出会ってから交際期間に1年

 

・再婚から妊娠まで1年

 

・妊娠から出産まで1年

 

 

すなわち、今、結婚する人は、離婚から出産まで順調に進めても

 

4年はかかるというわけだからなんです。

 

とはいえ、出産のリミットを気にしすぎるそれほど、焦ってはいけません。

 

生まれてくる子供の将来を考えるのは当然、

 

「再婚は、自身が幸せになる為のもの」と考える事が基本です。

 

こちらの婚活サイトも実績がありますよ!


★中高年の為の恋愛コミュニティ
恋愛・結婚・再婚を考えるのに、年齢は関係ありません!
晩婚社会と言われる今、30代後半〜70代で出会いを求めている方は驚くほどたくさんいるのです。




★中高年の出会いのサービス【オーネットスーペリア】
オーネットスーペリア

医者と結婚する時、危険なワナを回避する方法!
※46歳でお医者さんと結婚
 37歳バツイチ子持ちのシングルマザーもドクター夫人!